Home >  My Blog > 2011.01.06(木) e+エンタメ市場《meets》月見ル「月の新年会~ウサギのココロ~」 @青山 月見ル君想フ

2011.01.06(木) e+エンタメ市場《meets》月見ル「月の新年会~ウサギのココロ~」 @青山 月見ル君想フ
rabuka/hello!/ベベチオ/Sasatica(出演順)
Open 18:00/Start 18:30

【セットリスト】
01.春風
02.サタデナイ
春の海からの~四重奏のコーナー~
・一月一日(リコーダー)
・諸人こぞりて(リコーダー)
〈MC〉
03.クレイドル
04.結婚ソング
〈MC〉
05.故郷の春
06.昔の約束
Enc.回文ソング

【メンバー】
・佐々木良(Vocal/A.Guitar/Ten Recorder)
・澤近泰輔(Vocal/Piano/Sopranino Recorder)
【サポート】
・張替智広(Drums/Chorus/Alt Recorder)
・鳥口 JOHN マサヤ(Bass/Chorus/Sop Recorder)

今回のおしゃれ告知↓
(キンモクのおしゃれ告知は「おしゃれ“な”告知」って意味で「おしゃれ“の”告知」って事ではありません(笑))
今回一番ビックリしたのが、良さんのピンクシャツ!!
髪切られたのも「短っ!!」って驚いたけど、ペールでもサーモンでもない、ピンクシャツ一枚(中には着てただろうけど)
若く見えました。
澤近さんは黒スーツにグレーシャツと、今回はサングラス。
ハリさんは黒ジャケット(カーデ?)と白シャツにネクタイ。
トリさんも黒(濃グレー?)カーデに白シャツ。
全体的に黒系でかっちりキメてたので、尚更ピンクが衝撃的

良「こんばんはー!Sasaticaです!」
澤「こんばんは。少ぉし早いね。まぁいっか」

アコギ&キーボードイントロからの「春風」。
ハイ、今回はピアニカではなく、キーボード。
ピアニカも切なさ誘う音色ですが、キーボードは優しくてこれまた良い感じ
♪はじめは幻~♪ってところで、ハリさんと良さんがガッガッって刻むところがカッコよい。
この曲「春風」ってタイトルの割に、「粉雪」とか「蛍」とか四季それぞれに合うフレーズが使われてるんですよね。
いつ聴いてもきゅうぅんとなります

続いて「サタデナイ」。
そうです、バスドラ無かったんです(誰に言ってる(笑))
前回のARTICAさん備え付けのエレキドラム(?)も、今思えばバスドラ音は無かったのかな?
Sasaticaは「ローピッチにしてミュート多め」のチューニングとハリさんもブログで書いてらした通り、元々音の圧迫感が弱いのですが、最近アコギやベースがよく聴こえるなぁ~と感じたのはその辺の違いだったのね。
けっこう「サタデナイ」のギターやベースも、気持ちいいフレーズ多い
しかしたった2週間ぶりのライブなのに、前回はほぼ演奏している澤近さんの背中しか観てなかったからか「あぁ~歌ってる歌ってる、弾いてる弾いてる」とミョ~に見入ってしまいました(笑)
前回はKAWAIのアップライトだったのでタッチ重めの真っ直ぐな音に聴こえたんですが、今回は定番のRoland RD-500?(リハ図参照)ですっかり耳馴染み。

曲が終わってすぐ澤近さんが琴の音で♪ツン♪ツクツクツクツン♪と、「春の海」を弾き出す。
(客席うすら笑い)
そして樹脂3楽坊が♪ピョ~♪(爆笑)
吹いてる本人たちも笑っちゃってるし!
良「明けましておめでとうございます!Sasaticaでございます!・・・(笑)四重奏のコーナー!」
と早くも定番の、いいともジングル♪
ここで樹脂4楽坊結成のいきさつを説明。
リコーダーはABS樹脂製って言ってましたね。
前回はクリスマスイブイブに合わせて「諸人こぞりて」を演ったので、今回はまた新しいレパートリーを仕込んできたそうです。
良「誰も期待している人はいない中(笑)」
澤「ゴリ押しだよね(笑)」
良さんが解説してる間、澤近さんが「下のC出ない」と可愛らしく言ってリコーダー吹いてました
会場リハから本番までの間、カラオケボックスに行って練習してきたとか。
良さんがギターを置いて水を手に取って「水とか大丈夫?」とメンバーに振ったら、トリさんがまんまと水を飲んで、更にベースも置いたら「トリくん気合い入ってる」ってツッコまれてた(笑)
ツッコミついでで、思いついたようにメンバー紹介
今回も「風味堂のベースで、Sasaticaのソプラノリコーダー、鳥口 JOHN マサヤ!」でトリさん♪ピロピロピロ~♪
「キンモクセイのドラムで、Sasaticaのアルトリコーダー、張替智広!」♪ピ~ロ~♪←春の海の出だし。
「ソプラニーノの佐々木です」♪ピロピロピロ~♪
「テナーの澤近です」♪ピロピロピロ~♪
トリさんがカラオケボックスの10分前コールのマネが得意です!と振られて♪ピロピロピロ♪とコール音を吹く(笑)
「宮益坂の歌広場の呼び出し音は、これでドンピシャで(笑)」

では、と良さんカウントから、「一月一日」
立て続けでなぜか「諸人こぞりて」(笑)
♪ア~メ~ン♪まで吹いて、今度はハリさんの早い足カウントに合わせて「一月一日」をもう一度。
二度目で気付いたんですが、各リコーダーの音域の関係で、♪お~わりな~き世のめでたさを~♪までの主線をトリさんが吹いてた。
そりゃあ気合い入るよね
なぜかまた♪ア~メ~ン♪と終わったけど、ここがまたムダに長く(笑)

終わってすぐリコーダーを袋に仕舞い出す良さんに、澤近さん「締めのテーマやんないんだ?」
取り出して「四重奏のコーナーでしたー!」
と、締めのいいともジングル♪
サポートさんに主メロ吹かせた事に触れてました(笑)
良「ひと仕事終えましたね」
澤「もう右手バテちゃったよ(笑)」
とポンとキーボード一鍵叩いて「もう琴いらないね」と切り替えてらした(笑)

良「次は『クレイドル』という曲です。彼女が部屋を出て行って、彼氏は『どうせ戻ってくるだろう』とタカをくくってるんですが、彼女はもう次へ向かっているという」
・・・エッ、次にまで向かってたんですか!?
澤「イテテッ」
良「そこまでは決まってないですね(笑)」

という事で、引っ越しソング「クレイドル」。
これもアコギ&キーボードで始まり。
端々にハリさんがマレットでシャ~ンとシンバル入れるくらいで、2番Bメロの♪君の気まぐれのお蔭で~♪の入りまでトリさんもずっと右手でピックアップ押さえてた。
この展開が好き~
後半の良さんの柔らかいアコギと澤近さんの激しい鍵盤とか

引き続き「結婚ソング」。
だいたいSasaticaのドラムって普通のスティックじゃなくて、ロッド(ワイヤーではなかったような?)メインで使われてますよね。
Bメロの♪目く~ばせて~みるけれど~♪のコーラス、今まで♪Ah~♪だったと思うんだけど、今回♪Uh~♪だったような?
違ったっけ?(自信なし
「パリジェンヌ」とか「そっとありがとう」とか、良さんのこういう女性目線の歌って柔らかい語感と良さんの声が合ってて好き

良「お正月で太りまして」
澤「・・・お正月で太ったの?(笑)」
良「お正月以前から・・・(笑)最終的に年末年始で・・・太ったと(笑)」
今回いつも写真を撮る方が来れず、昨日急遽Twitterで撮ってくれる方を募集したところ立候補してくださる方がいて、一番最初に立候補してくださったタカヤマさんにお願いしたと
(タカヤマさんへ拍手
こうした偶然の出会いもあるので、Twitterやってない方はやってみてはどうか、とお勧めしてました。
メンバーもSasaticaのアカウントもあるので、アンケートも取ってないのでそちらに感想などを書き込んで頂けると嬉しいとの事
ホームページのドメインと、マイスペースのアカウントも取得だけはしてあるそうです(笑)
澤「形から入るんだね」
良「そうですね(笑)」

次の曲の紹介。
「結婚ソング」のアンサーソングで、彼氏の実家に彼女が初めて行くというシチュエーション。
同じ主人公だと思って聴いて欲しい、と締めて歌い出すのかと思ったら、フフッと笑い出して水を飲む良さん。
良「さっきから僕は腹を引っ込める事に一生懸命で、のどが渇くと(笑)完全にデブなんですけど」
タカヤマさんが前に来て撮ってくれるので、視界に入った時に腹を引っ込ませてたそうです(笑)
澤「やってなかったな」
良「座ってる人はいいですよね。僕油断するとサイドから狙われるので」
澤「大丈夫かな?今から(腹引っ込め)やっとこうかな」
良「後でタカヤマさんにphotoshopで加工して貰って(笑)」

チューニングをして、再び次曲の紹介(笑)
彼氏の実家が北国で、北へ帰る歌を作っていると内容が演歌になると。
澤「書き込みもあったね。だって、演歌研究したもんね」
良「そうですね、演歌の歌詞も見ました。やっぱりよく出来てるなと」
澤「♪しらかば~♪だもん(笑)完璧な掴みだよね」
良「タイトルもふざけてる訳じゃないんですけど、『故郷の春』という。聴いて頂きたいと思います」
いっ、いやっ!ふざけてるなんて思わなかったですけど!
でも演歌っぽいと気にしてたわりに・・・気にしてたからか、演歌研究するんですね。
やっぱ北への帰郷ソングっていうと、千昌夫氏のそれなんでしょうか?
♪親父みたァい~なヨォ~♪もかなり好きです(そこまでいくと完全に演歌だな(笑))

と、今回はギター&ピアノでの「故郷の春」。
ツインギターも新しいSasaticaの一面を見れてビックリでしたが、やっぱり鍵盤入ると安心します(笑)
リズムも最初はハリさんのシェイカーで、トリさんはまた暫くピックアップに手を当ててた。
対になってるからか、これも「結婚ソング」に負けず劣らず長めの曲ですよね。
そういえば前回「父親へ手紙を書いてるふうな歌詞」とも言ってたような。
なので、「結婚ソング」の実際に両親とご対面、の前の彼女を連れて行くという報告&帰郷の決意の歌詞に感じました。

次にやる曲と2曲目に演った曲の入ったCDを売ってる告知と。
良「今年はアルバムも作りたいですね」
澤「うん、作ります!・・・言っちゃったよ(笑)」
言い切りましたね!!
今売っているのものはデモ盤なので宅録だけど、次はちゃんとスタジオで録ると。
澤「凄い良く録れちゃったよね」
良「あれを越えなくちゃいけない」
澤「ムリかも知れない(笑)」
良「デモの売り上げでスタジオ代を払うと」
澤「わらしべ長者みたいな(笑)」
良「グレードアップしていきたいと(笑)その時は(後ろの二人を振り返って)よろしくお願いします」
澤「最初安いと思うんだけど」
良「トリくんが空いてるうちに、たくさんSasaticaの活動を頑張らないと」
Sasaticaのスケジュールはトリさんが握ってるんかっ!(笑)

という事で、「昔の約束」。
前述のハリさんのドラム具合も違ったけど、澤近さんのピアノのフレーズも結構いつにも増して変えてきてたような。
澤近さんのそういうところって特にキュンキュンしちゃいますね
けど前回のエレキドラムで鍵盤レスも、無骨な感じでまたカッコよかったなぁ
あと、今回の良さんのボーカルが妙に艶っぽく感じたのは私だけでしょうか?
♪遠い昔の約束♪の「く」とか、なんかズキューンとやられちゃいました(笑)
でも♪拝んでらぁ 祈ってらぁ♪のトコ、メインボーカルが間違えちゃうとそういう詞だと思ってしまいます(笑)

終わって各々一礼して退場。
暫くのアンコールの拍手で、再び登場・・・が。
澤近さん、たった今持って下がったはずのテナーリコーダーと共に。
澤「スケッチブック持ってきちゃった」
もーしーやー、アンコールは・・・?(笑)
良「そんなに時間がないというのと、こないだのワンマンで回文ソングを演ったのですが、なかなか手間がかかっていて一回で終わらせてしまうのは勿体ないので、一度観た方には申し訳ないですがここでもう一度やります」
澤近さん、ひたすら「もう一回やると思わなかったなぁ」と(笑)
元ネタのピタゴラスイッチの解説で「♪こたつたこ♪」のフレーズだけちょいと弾き語り。
澤「(こたつたこは)5文字かぁ・・・と思って。Sasaticaは7文字です」
良「2文字多いです!」
澤「2文字お得になってます(笑)」
良「・・・多いと難易度上がるんですか?」
澤「ううん、全然!(即答)長いの作って『すごーい!』とか言われるけど、収拾つかなくなって『やっとここで終われた』みたいな・・・そんな解説をここでするのもどうかと(笑)」
良「そうですね。これが最後の曲でいいのかと(笑)完全に僕らの自己満足というか、このネタを成仏させたいみたいな」
澤「もうやんないの?(これも即レス(笑))」
良「やるとしたら、もう中身変えないと」
澤「えぇホント!?もの凄い時間かかったんだけど。まぁいいや」
いいの!?そんなえらいアッサリ引き下がって!

「まずは聴覚で楽しんでください」と「回文ソング」。

追加回文↓
・しがない流し
・怒りを理解
・竜巻舞った
・ロダンなんだろ
・花壇なんだか

これで17コか・・・まだあったよね、たぶん。
締めの♪右手バテ気味♪で、19コ・・・な、はず。
順番も、

イカした歯科医

しがない流し



似たなあなたに

右手バテ気味

の頭と締め以外も、なんとな~く流れは思い出せてきたけど・・・まだまだ
コレまた同曲でも別ネタとなると、大変ですって
このままNHKに送ったら、ピタゴラスイッチのエンディング張れるんじゃないですか?(笑)

歌詞ばかりじゃなく、これ曲としてもちゃんとカッコよい
間奏のピアノソロなんて完全アドリブでしょう?
・・・怖いわぁ~澤近さん。
更に歌い慣れたのか、歌のキかせどころも心にくくなってきた。
良さんも3番のコーラス♪なぁ~なもじィ~♪ってアレンジしてきたし(笑)
イイなぁ~良さん。

続きまして今回も、聴覚プラス視覚編つき。
良「完全に僕たち何がやりたいんだってバンドと化してますけど」
ホントだよ!!(爆笑)
良さんが澤近さんに「もう一節」と言って弾かれたイントロもカッコよかったなぁ。
今回は後藤さんがいないので(笑)良さんがスケブめくり&コーラスのギターオフ。
良さん2番Bメロでめくりまごついて、澤近さんもつい歌いながら笑ってしまってた(笑)
だーかーらーソレは狙ってやってるんですかっ!?

良「ありがとうございます!Sasaticaでした!」
澤「これで終わっていいのかなぁ?(笑)」
良「続きはネットで!・・・じゃなくて、何だっけ?あ、続きはWebで!(笑)」
というSasaticaの真価を発揮したユルさで終了(笑)
澤近さんは再びスケブとアンコールでは出番のなかったリコーダーを手に、良さんはキーボードとベースセットの間を反ってかいくぐって退場(笑)

・・・まともな曲を演るより、回文ソングのが完全に長いと思うのですが(笑)
ファンとしてはその方が嬉しいですけど
回文ソング、まだ2ステージしか演ってないけど、1ステージで2回やるから既に「昔の約束」と同回数ライブで歌われてる事になります
ワンマンは出演時間長いから、あれやこれやとやってもちゃんと歌で締まるのでメリハリはあったけど、今回は完全にやりたいほーだい感が・・・(笑)
正月っぽくて楽しかった
ワンマン直後なので「物足りないな」って声は多かったですが、突飛コーナー2編やって6曲演奏、ってのもかなり豪勢だったと思う。
しかもSasatica、MC長いし(笑)

この2回のライブでぐぐいっと振り幅も思わぬ方向へ広がって、更に今後が楽しみになってきました
(人によっては不安、とも言えるのだろうか?(笑))
ライブも、「出す!」と言い切ったアルバムも、乞うご期待!!(私が)
web拍手

comment:0 / trackback:0  / posted by nanami

thema:LIVE、イベント  - genre:音楽 - category:Sasaticaレポ

Comment
Comment Posting








 
Calendar
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
Profile

nanami

Author:nanami
まったり、コツコツ。
ときどき、大胆。

ブロとも申請フォーム
Welcome
QRコード
QR