Home >  My Blog > 上間綾乃 Concert Tour 2013 「ニライカナイ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
 /   / posted by nanami

スポンサー広告

上間綾乃 Concert Tour 2013「ニライカナイ」
2013年11月28日(木)Open 18:30/Start 19:00 @名古屋 THE BOTTOM LINE
2013年12月07日(土)Open 16:45/Start 17:30 @東京 日本橋三井ホール

私が行ってないだけで大阪公演もありましたよ、ハイ(汗)

IMG_2077.jpg

写真は名古屋の会場。東京は駆け込みだったので撮りそびれました...。

【出演】
Vo&三線:上間綾乃
Gt:伊集タツヤ
Ds:坂田学
Bs:斉藤光隆
Pf:澤近泰輔


【セットリスト】
01. SE~Overture-命(いぬち)、生(ん)まりとてぃ-
02. ソランジュ
03. 里(さとぅ)よ

04. ゆらりゆらら
05. 夢しじく
06. 明日ハ晴レカナ、曇リカナ

07. 遊び仲風(あしびなかふー)
08. 恋ぬ花(くいぬはな)
09. あなたのもとへ

10. ニライカナイ
<メンバー紹介>
11. 豊年音頭~唐船ドーイ
12. やんどー沖縄
13. 新川大漁節
14. ヒヤミカチ節

15. あいうた

<アンコール>
16. 聖しこの夜
17. あなたには守ったものがある(新曲)

自力でセトリ書いてたらタイトル「(民謡)」ばっかりで反芻しにくいぞオイ!と人さまのレポを探ったところ、セトリ発見いたしました。
アモウさん転用ご快諾ありがとうございます!\(^o^)/
(釣り人: 上間綾乃 Concert Tour 2013 <ニライカナイ>)

ご衣装はこちら↓
(上間綾乃の、日々ブログ: ツアー)
細かいところを補足すると、胸にはネクタイ同柄チーフ、足元は黒ジーンズに黒ブーツ。
ちなみに名古屋では黒メガネ装着してらっさいました。
東京では、裸眼。キャッキャッ(*´艸`)
綾乃さん伊集さん斉藤さんはこのままなんだけど、名古屋では綾乃さんの髪飾りついてたっけ?
胸下にサテン編み込みのベルト風切り替えがあって、フレア裾にヒールサンダル。
あと坂田さんのシャツはウサギ柄でふ。
東京で綾乃さんに「可愛いシャツはいてる(着てる)ね」ってツッコまれてました(笑)
名古屋でもこの柄だったっけ?
ああぁネクタイ男子(?)がわんさかいると無条件で昂揚しますよあっはっは。


01. SE~Overture-命(いぬち)、生(ん)まりとてぃ-
02. ソランジュ
03. 里(さとぅ)よ

暗転後、Overtureが流れ、バンドメンバー、そして綾乃さんの順に登場。
今までコーラスは伊集さんが一等よく聴こえてたんだけど、今回は皆さんよく聴き取れた。
名古屋は澤近さんのど真ん前だったので、ナマ声聴こえるんじゃないかと思えるほど(≧∀≦)
そして、やっと落ち着いて「里よ」が聴けた(笑)
(レコ発ライブでも聴けたけど、駆け込みだったので)
初見…じゃなくて初聴からこのサンバカッコええー!!弾きてぇー!(全然弾けないんですけど)と思ってたので、ぜひライブで観たかったのね。
なのに斉藤さん、ベースソロ変えてくるし!
・・・激しかったにゃあ(萌々)
あと伊集さん間奏でエレキに持ち替えてたよね?っていう確認(笑)
こちらも音源より全然、燃えてらした。ウハウハウハ。

<MC>
今日はきれいなおべべ(笑)でお姉ちゃんな気分だそうで。
今年はイベントであちこち行ったけれど、ここ(名古屋)が一番多かった。
ここのお客さんが一番反応が良かった!・・・と大阪でも言うけど(笑)
それとMC前後の曲紹介。

04. ゆらりゆらら
05. 夢しじく
06. 明日ハ晴レカナ、曇リカナ

あぁやっぱり澤近さんのピアノがいいなぁ。
かわいさんも素敵だったけど。
澤近さん、すっげ入って弾いてらしゃるので、恥を忍んでガン見。
ムハムハムハムハムハムハ(*´Д`*)
ライブ全体的に、いつもの綾乃さん目線も向けられるんですが、それより顔上げてたり俯いてたりして目を閉じて弾いてらっしゃる時が多いように感じた。
本当に綾乃さんの歌が気持ち良いのね。分かる分かる。

M5の前に綾乃さんの語り。
BGMの伊集さんのアコギがやんわり素敵。
そのやんわりモードのまま民謡へ。
なかなか逢えない人でも、せめて夢の中で逢えたら、という内容なのかな?
語りから察するに。
ニューミュージックで言うところのバラード調。
澤近さんはシンセ。
東京ではここから入場したのですが(汗々)会場入った瞬間空気が違っていて。
ステージからのオーラを感じるには、途中入場もアリかな、と(ないよないない!周りの方にも申し訳ないし!)
照明と相まって、星が見えそうな澄んだ夜のイメージ。

次は打って変わって、伊集さんウクレレに持ち替えBGM。
綾乃さんの姪っ子ちゃんの話から、綾乃さんが沖縄に暮らしてた少女期の話。
これがちょいちょい例の上間綾乃節が織り込まれてておかしい(笑)
その頃から不意に歌を口ずさむ子だったそうで。
大人になっても、車に乗ってて歌ってて、窓全開だった事に気づくとか(笑)
そんなユルい流れで気づかぬうちにスルッと「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」。
澤近さん、立ち上がってピアニカ装備。
音源のハーモニカパートを吹かれてた。
・・・ハーモニカで吹かないのか。

07. 遊び仲風(あしびなかふー)
08. 恋ぬ花(くいぬはな)
09. あなたのもとへ

バンドさんぞくぞくとステージを去り。
今回のツアーで彩乃さん、自分にひとつ課題を立てたそうで。
これまで難しくてまだ自分には出来ない、でもいつかやりたいと思っていた曲に今回挑戦したと。
綾乃さん単独で三線弾き語り。
指が美しい。
聴き入りながら、何かのインタビューで「沖縄民謡はどこが頭?」と訊かれて「全部頭だよ」と綾乃さんが答えた話を思い出した。

続いての2曲はwith澤近ボスと。
この綾乃さんソロでのピンと張り詰めた緊張から、M8でそっとピアノと膨らませて、「あなたのもとへ」と開放する流れが凄く気持ち良かった。
名古屋ではど真ん前だったので、キーボードの時は表情が見えてこれまた眼福眼福。
生ピもこんな感じで奏でてらっしゃるんだなぁ・・・と想像して、ひとりゾワゾワしてたところでの、東京公演。
生ピ、ですよ。
キーボードでも大分ちか固めに合ってたのに。
特に「あなたのもとへ」は圧巻!
あそこまで威力ある演奏って、曲調とか歌い手とか条件揃わないと出て来ないからなぁ。
後半、綾乃さんも澤近さんもマイクいらないだろ!ってほど激烈で、心臓痛かった。
もう好きにしてください(*T_T*)

綾乃さんのおばあとの話。
うちなーぐちでの軽妙な話術が綾乃さんの魅力のひとつですが、唄だけでなくその言葉ひとつを取っても印象を残す重みがある。
ここはとても重いお話で、こちらも涙が出そうなほど引き込まれるけれど、己を奮い立たせる彼女のしなやかさにスゥッと背筋が伸びるような。
魅入られるなぁ。

10. ニライカナイ

気迫。
イントロから中核を昂ぶらされますわ。
ドラム、というかあれは太鼓と言ったほうが的確なような。
野性味を感じた。
アウトロなんか特に。マレットに持ち替えてたのはここでしたっけ?
なんだろな、粗野な感じは一切受けないんだが、ワイルド。
やだなCメロベース美しいなちくしょー。
そのサビハモは澤近さんっ!!(≧∀≦)
女性ボーカルで、スキャットでない歌詞を歌うのってあまりないですよね。
間奏とかのHoo~♪のコーラスは澤近さんメインで綾乃さんがハモ。
そうきたかっ!!
合いの手?お囃子?は坂田さん斉藤さん。
伊集さんは・・・どっちだったっけ?(汗)
どっちもなさるので、とてもひと言では語れない...(逃)

歌い終わってすぐ、もう普通のおねぇちゃんみたいにしゃべるあたり、なんなのこのお人。
いや、M10前のMCも特別難しい言葉は全く使ってないんですけど。
自然体でまばゆい何かを溢れ出してるような。
綾乃さん、これまでどんな人生歩んできたんだ。

<メンバー紹介>
ひとりひとりのエピソードを添えてのご紹介。
東京で出てくる沖縄料理にダメ出しをする伊集さん。
(その伊集さんをたしなめた綾乃さんが、次の沖縄料理店でダメ出しする(笑))
綾乃さんの後ろから「上間、頑張れよ」ってリズムを叩いてくれる坂田さん。
美味しい沖縄そば屋さんへ連れてってくれて元気づけてくれた斉藤さん。
睡眠時間を削って上間バンドの音を作ってくれるボス、澤近さん。
「明日から寝たらいいさ」って(笑)
チューニングし始めた綾乃さんを伊集さんが「唄三線上間彩乃!」とご紹介。
それが契機のようにM11へ。

11. 豊年音頭~唐船ドーイ
12. やんどー沖縄
13. 新川大漁節
14. ヒヤミカチ節

ここ、客席はスタンディングしないんですか?
いや、名古屋では指笛吹いたり踊ったりする人がいて実に熱かったんですけど。
東京でもいらしたんだろうけど、会場広すぎて気配が感じられなかった。
伊集さんのエレキソロもぶいぶい!
あまりぶいんぶいん弾かれるお姿見ないので、燃えますね。キャッ。
斉藤さんの指もよう舞ってましたわぁ(惚)・・・ちっ。
「やんどー」生声生声!!(*゚Д゚*)
レコ発ライブで特別にあったセリフ標準語訳、内容は違ったけど今回も「今日は特別に」と両日ともありました。
・・・特別くないやん(笑)
初聴の方への心配りですね。
要訳すると「ゆっくりゆっくり行かないと、とっても綺麗な綾乃ちゃんも見逃しちゃうわよ」という事で(違)
「新川」曲前の「皆さんも歌ってください」っていう綾乃ちゃんからもうオットコマエで!
その後ろから徐々に主張し始めるのぶっといベース。ああぁぁぁ(昂)
客層も殿方が多いので、ステージ+客席からも合いの手が入ると一体感がハンパない。
「ヒヤミカチ節」ここまで立て続けるって・・・ラストスパート的な(汗)
キメじゃないリフ(リフって表現でいいのかな?)部のベースが実に遊んでて、いいなぁいいなぁあんなに弾けたら楽しいだろなと。
すみません、このコーナー今回はリズム隊にそそられてました(汗)
上間彩乃バンドスコア出ないかな(オイ)

ここまで駆け抜けて「息上がってるの私だけ?」と綾乃さんが後ろを見渡したら、もれなく皆さま脱力してました(笑)
次の唄で最後になります、と言うと当然起こる「えー!」の嵐。
「今『えー』って言った人あとで100円あげる(笑)」
名古屋では、
「もっと唄っていたいけど、また来年。また来年も来てくれる?」
客席拍手。
「じゃあまた来年ね」
ってヤラれました(笑)

15. あいうた

「あなたのもとへ」と違ってやわらかく畳み掛けてくる曲。
若干まだベース脳を引きずりつつ(笑)
ピアノとアコギのメロディが気持ち良い。
綾乃さんの伸びと。

終わって皆さんが袖に下がったら、すぐに上手袖からスタッフが中央に譜面台出してくるの。
これひどい!(爆)
名古屋だけかと思ったら、東京でもそうだった!
いいんだけどね、アンコールあるって安心できるから(笑)

<アンコール>
伊集さん、澤近さん、綾乃さんのみご登場。
譜面台出てきたって事は、持ち歌以外なんですね、って事で。

16. 聖しこの夜

うちなーぐちバージョン。
知ってる歌でも言葉がさっぱり分からないものなのですね(汗)
伴奏は主にピアノで、途中からアコギが色付け。
東京では、歌い始めたら、いつの間にやらステージ両脇に用意されてた膝丈ぐらいのクリスマスツリーが輝き出して!
綾乃ちゃんも歌いながら「!?」って指さしてたけど、私もびっくりしました(笑)

歌い終わって「これさっきからあった?」と客席に訊く綾乃さんに、
あったと言う人と、なかったよと言う人と(笑)
真相はアンコール前に出てきたみたいです。
リズム隊も加わっての次曲は、名古屋では初公開の!新曲!

17. あなたには守ったものがある(新曲)

ピアノメインのミディアムバラード。
澤近さんのピアノに絡む伊集さんのアコギも好きだなぁ。
タイトル通りのサビが耳に残る。

最後にもう一度メンバーをサラッと紹介。
全員前に出て並んでご挨拶。
メンバーが下がった後、綾乃さんは三方に改めてご挨拶をしてからご退場。



主に名古屋の記憶が強いかな。全編観てるし...(沈)

綾乃さんって、音源より断然ライブがイイ希少なアーティスト。
それは音源が面白くないとかって事じゃなく、音源が凄いところへ更にライブ、生身の上間綾乃から発せられるパワー?気力がばしばし放たれてる。
魂こもってる、って凄く伝わってくるお人なんですよね。
・・・主観ですが。

ニライカナイ前の語り。
チキン買ってくれてたとか鉢植えの事とかボーリングとか、もう綾乃さんの思いが溢れ返ってくるのか目に見えるようにどんどん言葉が紡がれて。
しっかり端々に笑いを織り込みつつ。
香りの記憶って、強いよね。
ちなみにウチの姉もサボテン枯らしました(笑)
東京公演には綾乃さんのご家族もいらしてたそうで。
「おばあも今日はいてくれてる気がする」と。
みんなが与えてくれた唄と、この場所があるから頑張れる。私もニライカナイに行くその日まで。
という内容なのですが、はやり私が書き留めると陳腐だな。

メンバー紹介東京編。
斉藤さん:大して面白くもないギャグで笑わせてくれる(そこまで酷い表現じゃなかった気が(汗))
澤近さん:綾「メガネしてないね」澤「今日はすっぴんで(笑)」綾「ガラス越しじゃなくダイレクトに私を見たかったんだね」澤「(言い終わる前に)そうです(笑)」
綾乃さん:しばし沈黙後、伊集さんを急かす仕草(笑)それから伊集さんが「唄三線上間彩乃!」とご紹介。
あとどこかのMCで他のメンバーとは目が合うのに、絶対に伊集さんとは合わない!合わせてくれない!って怒ってた綾乃さんが可愛可笑しかったん(*´ω`*)

それと、坂田さんがブログで、この時のドラムセットに関して語ってらっしゃいました。
(上間綾乃 Concert Tour 2013 <ニライカナイ>ありがとうございました。 : サカタマナブログ)
あの頭上通ってたマイクのスタンド、グースネックって言うんですね。
この方が手振り大きくても安心なのかな。
坂田さんはまったく振り大きくない、というか必要最小限でスマートに叩いてる感じだけど。
もろもろ減ったのは気付きませんでしたが、東京?のMC中に、ローディさんがハイハットだったかな?調整されてた。

そして、フォロワーさんの東京公演とぅぎゃったー↓
(ニライカナイ@12/7 - Togetterまとめ)
補完させて頂きやした!
いつもありがとうございますっ!(≧∀≦)ノ
そうそう、斉藤さんごっさ汗拭いてたね(笑)
途中でコーラスもやめてたし(チクるな)

整理番号入場の名古屋は久しぶりに澤近さんのど真ん前!(恥)を陣取ってみたのですが、東京も大きい会場のわりに予想外にステージ近くてびっくりしました。
中央だったし音響も良かったんだろうな。
コーラスもそうだし、どの音もバランス良く聴こえました♪
駆け込みの東京海上(違)会場、入って「あっ!そうだ!グラピがある会場だったんだ!!」と、ホテルチェックインして来て(遅れた)事を激しく後悔(泣)
「ソランジュ」「ゆらりゆらら」は多分生ピでしたよね、きっと・・・あうあぅぁぅ...。
その後フォロワーさん達と打ち上げに行ったので、やっぱりチェックインしとかなきゃならなかったんですけど、そもそもモネ展行ったのが予定外・・・(悔)
でも生ピ曲いっぱいあったのが救い(*´ω`*)

「2014年の上間綾乃の期待して欲しい」と言っていた(と思う)ので、もろもろ期待に胸をいっぱい膨らませて、また綾乃さんに会える日を楽しみに待ち構えてます!
web拍手

comment:0 / trackback:0  / posted by nanami

thema:LIVE、イベント  - genre:音楽 - category:Sasaticaレポ

Comment
Comment Posting








 
Calendar
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
Profile

nanami

Author:nanami
まったり、コツコツ。
ときどき、大胆。

ブロとも申請フォーム
Welcome
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。