Home >  My Blog > 2014年04月12日(土)Sasatica Presents「チカチカにカチカチ 2014春」 @代々木ARTICA

2014年04月12日(土)Sasatica Presents「チカチカにカチカチ 2014春」 @代々木ARTICA
Open 18:30/Start 19:30
Sasatica(佐々木良/澤近泰輔)
ゲスト:SATO/伊藤俊吾(キンモクセイ)

10176000_728949873822603_1384937541289526906_n.jpg
公式Facebookより転用。

▼セットリスト
【一部】
01. こわかった
(佐 Vo,G/近 Pianica,Cho)
02. サタデナイ
(佐 B,Cho/近 Vo,Pf)
03. 故郷の春
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho)
04. Rain and Dolly ※新曲
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho)

05. みんなのそら/伊藤俊吾 with 伊藤俊吾
(佐 B,Cho/近 Pf/伊 Vo,G)
06. 春のセンセーション/キンモクセイ with 伊藤俊吾
(佐 B,Cho/近 Pf,Cho/伊 Vo,G)
07. 春風 with 伊藤俊吾
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho/伊 Vo,B)

08. 君にを恋して
(佐 Vo,G/近 Pianica,Cho)

【二部】
09. クレイドル
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho)
10. 夕景
(佐 B,Cho/近 Vo,Pf)

11. ナナモジ with SATO
(佐 Vo/近 Pf,Cho/SATO Vo)
12. 喝采/ちあきなおみ with SATO
(佐 G/近 Pf,Cho/SATO Vo)

13. たぶん、君が好き
(佐 Vo/近 Pf,Cho)
14. New Wor(l)d
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho)
15. 昔の約束
(佐 Vo,G/近 Pf,Cho)

Enc.
16. SAY YES/CHAGE&ASKA with SATO,伊藤俊吾
(佐 Vo/近 Pf/SATO Vo/伊 Vo)

下手側から登場して、セッティングやら何やらを済ませ。
何のご挨拶もなく、唐突に友人の結婚式に出た話を始める良さん。
その際披露した、結婚あるある付きの「こわかった」がとても評判が良かったと。
良「次の曲は、その『こわかった』です」
・・・ん?次の曲?

いつもの「こわかった」の掛け合いの替わりに、トーンを落として
♪結婚するのがこわかった♪
♪プロポーズするのこわかった♪
♪一緒に暮らすのこわかった♪
云々・・・
続くんだけど
♪スッピンみるのがこわかった♪
だけ澤近さんハモりつき(笑)
しかしやはりどこかじんわりする歌詞挟んでくる。

終わってから、
良「今日は7曲目くらいの感じで始めてみよう、っていうコンセプトで」
澤「かなり(客席に)『?』出てましたけど」
ほんに(笑)
しかもリズム(Mac)鳴らすのも忘れてたので、4小節ぶんのリズムだけ披露(笑)
そして、ここでいつものご挨拶。
良「改めましてこんばんはSasaticaです」
澤「・・・歌詞カード全く見えない」
と、サングラスをメガネに替える澤近さん(笑)
良「何のせいですか?」←近いからか遠いからかの問い。
今回のスコアスタンドの位置が、メガネ(近視用)だと近過ぎて見えない、外すと小さくて見えない微妙な距離だそうで(笑)
良「この曲に限って(歌詞カードが)丸字みたいなフォントを使ってて余計見えない」
澤「いや、僕昨日ちゃんと自分用に(打ち直した)(笑)」
丸字にイラッとした訳ではなく、シニア仕様にしたそうです。
澤「『見えないものは厄介だね』という感じで(笑)」

7曲目の感じから、定番の2曲目「サタデナイ」。
私の位置からは、良さんのコーラス若干ボリューム小さかった(汗)

曲が終わって、良さんが置こうとしたベースとケーブルの接触が悪いようで、動かすたびにガリガリと雑音が。
そのたびに澤近さんが「失礼しております」とかお詫びしてらした(笑)
澤「言ってなかったけど、今日は佐々木良くんのお誕生日です」
客席拍手。
良「本当偶然で」
澤「誕生日にライブだと、サプライズとかやりがちじゃないですか。僕長年あるデュオのバックでよくやるんですよ。・・・今日はやりませんけど」
良「やんないんですか!?」
澤「結構大掛かりな仕掛けでやってましたから。だから今のうちに『おめでとう』とか」
・・・特に客席からの反応も賛同も拍手もなし(笑)
良「なんかじゃあ・・・『Happy Birthday to You』弾いてくださいよ。僕歌いますから、自分で」
爆笑。
澤近さんの伴奏で、にこやかに自らを親指差して♪ハ~ッピバ~スデ~トゥ~ミ~♪と歌う良さん(笑)
客席手拍子。
自身に♪ディア良ちゃ~ん♪
良「こんなサプライズをありがとうございます!」
澤「びっくりするからサプライズなの!」
こっちがびっくりしたわ!(笑)
そんないつものまったりペースに、
良「曲やりましょう!」
と言った先から「去年は一度も会わなかった」話に(笑)
良「でも僕は常に頭の片隅に・・・」
澤「僕は真ん中に」
良「ア、俺も真ん中です。片隅寄りの真ん中です(笑)」
澤「ではそんな曲をやりますか」
「故郷の春」そんな曲だっけ?と思ってたけど、後から、久しぶりって意味でのそんな曲なのね、と合点。
やはり良さんと澤近さんの声の絡み具合が好きです(*´ω`*)

さすがに1年半ぶりなので、1曲ぐらいは用意しないと、と「1曲だけで本当に申し訳ないんですが」と前置き、新曲ご紹介。
さくらの曲はたくさんあるけど、お花見をテーマにした曲、という事で。
打ち込みリズムをMacから出したところ「あっ、違う(慌)」
再度ポチって始まったかと思いきや・・・?違ったらしい(笑)
いくつか違うリズムを発して。
その間に、手を出したくても出せない澤近さんの手が胸の前でずっと止まってて(笑)
「『Rain and Dolly』です」と紹介して、やっとこ演奏。
結構アップテンポめの4カウントで入るので、正しい打ち込みだと判断して入るのが慌ただしかったと思うのですが。
あるサラリーマンの一日?的な歌詞で、春らしいさやわかな曲調。
良「『Rain and Dolly』でした」
澤「『例年通り』って事ですよね」
良「『Rain and Dolly』です」
なるほど!何でお花見で「Rain and Dolly」?雨?かと思ってたら!(笑)

ここで良さん、ARTICAさんに給水コール。
澤近さんはポール(マッカートニー)並に水レスで平気だとか話してるところへ、何の前振りもなく下手側からイトシュンさん登場(笑)
そしてちゃっかりお二人の間へ着席。
澤「このまま何も言わずに始めるの?(笑)」
しかし紹介されないまま、目の前の次のゲスト様専用マイクの交換を申請。
下手の楽屋からSATOさんが使っていいよと声をかけるものの、「僕きったないんで」(笑)
良「これイトシュンのベースなんだよね・・・買ったの?」
伊「買ったの。髪切った?」
良「ここ(ケーブルonジャック)ガリガリしてる・・・ケーブルもイトシュンの」
伊「髪切った?」
良「切ったよ!もう何回も切ったよ!」
伊「俺も切った」
どういう会話なんだよ(笑)
曲順の分からないイトシュンさんに、良さんが「こう、こう、こう」とスコアを指し示したところで。
澤「そろそろ紹介する?(笑)」
じゃあ良さんからご紹介を・・・って流れなのに、
伊「僕の名前は・・・」
自己紹介かいっ!!(爆笑)
結局澤近さんからお名前ご紹介。
伊「キンモクセイというバンドで、ボーカルをやらせて頂いていました」
良「やらせてあげていました(笑)」
キンモクの紹介をしながら、ギターストラップとパーカーのフードとの兼ね合いが気になって、ひたすらフードを構ってるイトシュンさん。
たまらず直してあげる澤近さん(笑)
紅白に出た事も、今までは謙遜していたけれど、イトシュンさんも良さんも最近は「自慢して言ってる」(笑)
伊「チヤホヤされたくてしょうがなくて(笑)」
でも、良さんがショーキチさん繋がりのミュージシャンの飲み会に出た時、紅白に出てる人が2・3人いて、その威力がなくなってたと(笑)
澤近さんも田原俊彦さんや藤田恵美さんのサポートで、回数が分からないくらい(!)出ているそうです。
伊「チャゲアスは?」
澤「チャゲアス自体が紅白に出てないんじゃないかな?」
と、何故か客席に訊く(笑)
伊「出てないんですか!?あんな・・・YAH YAH YAH・・・」
澤「『あんなYAH YAH YAH』(笑)こんなSAY YES(笑)」
イトシュンさんはずっと曲を作ってはいたのだけれど、伝えたいという強い気持ちがないと、聴いてくれる方に申し訳ないと思っていて。
最近やっと歌いたい気持ちが出てきて、今回Sasaticaのライブに出演するにあたって、それまでに間に合わせようと作られたそうです。

昨日アップされた音源より若干ゆっくりめで、リズムはベースのみ。
シンプルだけど、生声の威力は流石。
間奏とかがっつり澤近さんのほうを見てて、イトシュンさんめっちゃ楽しそう。

イトシュンさんの宅録部屋は5畳弱くらいで、キンモク時代もそこを使っていて。
打ち込みもするんだけれど、打ち込みで生演奏っぽいものを作るより、自分で演奏したほうがいいんじゃないかと、その5畳弱の中にドラムも置いて練習して。
そういう楽しみから、音楽をまた始めて行こうと思われたそうです。
次の曲は春っぽい曲で、澤近さんもアレンジで関わった「春のセンセーション」。
良「断っておくと、僕(本来は)ギターなので」
「春のセンセーション」のベースは難しくて、今回リアレンジされてるそうです。
でも他の曲の時より運指忙しい。ピック弾き見るのも初めてだし。
心なしか良さんの目がいつもより真剣。
コーラスも今までキンモクのライブでは再現した事がなかったんだけれど、今回はイトシュンさんと良さんで再現。

せっかくなのでSasaticaの曲もイトシュンさんと演奏。
選曲は、イトシュンさんがSasaticaで好きだと言ってくれた「春風」。
「春風」にベースがのったのは今回初めて、ですよね。
メインボーカルを7:3くらいで良さんイトシュンさんで分けあって。
テツオウさんも「春風」歌われたし、「春風」好きとしては結構人気で嬉しい。
伊「本当はもっと歌いたいんだけど」
端々でも「楽しい!」「もっとやりたい!」と叫んでらした(笑)
歌い終わっても「まだいてくれてもいいんだよ」と良さん(笑)
イトシュンさんも「また来るかも知れません」と言い残して去られました。

次の曲が終わった後休憩を挟みます、と言ったところで、
良「どのくらいですか?5分?10分?」
澤「そんなもん?(笑)」
良「そろそろ感が出てきたらやりましょう」
そういうもんか?(笑)
リコーダーを片手に腕まくりをする澤近さん。
澤「イチローみたい(笑)」
一部最後の「君にを恋して」。
こういう締め方も珍しいような。


結局どのくらいブレイクタイムがあったのか(笑)
お二人がステージに上がられてから、何やら打ち合わせなんかもしたり。
澤近さんがしゃらしゃら弾いてらしたりしていたら、やわやわと「クレイドル」。
2番のBメロ→間奏→Bメロ(サビ調)の流れが良いなぁ。

終わって良さんがベースに持ち替えてる間に、
澤「一部に続き、二部でもまた強力な」
ベースがバリバリ鳴る。
澤「・・・ノイズが(笑)」
ベース具合を見にイトシュンさんが再び登場。
澤「伊藤俊吾!」
イヤ、その方のご紹介ではなくて(笑)
良さんに「楽屋にシュッシュするやつあるじゃん」と指示されて、取りに行ったイトシュンさんは戻らず。
澤「二部でもまた強力なゲストが登場します」
「夕景」ラスサビの良さんコーラスなかったな(´・ω・`)
前からそういうアレンジでしたっけ?
しかし澤近さん歌上手くなったような(上から目線?)
良さんもベース熟れたなぁ。

澤近さんのご紹介でボーカル芸人SATOさんご登場。
SATOさんから今回ゲスト出演に至った経緯をば。
変な名前の(笑)某友人ヴァイオリニストのライブを観に行って、たまたま出会った澤近さんに「君は面白いね!僕は回文ソングを作っているんだよ」なんて、インチキプロデューサー的なスカウトを受けて、今日に至るとか(笑)
前回この回文ソングを披露した時は、スケッチブックをめくって歌詞を見せていたのですが、今回はタブレットの片手操作で表示!
「間奏」まできっちり示してくださった(笑)
SATOさんVer.の「ナナモジ」は、キーが違うのは勿論ですが、パンチが効いててカッコ良い!
歌詞も若干変わってた?
「ヤバそな蕎麦屋」「出汁など無しだ」とか若干関連づいてるっぽかったり。
一部良さんも歌うのですが、アレンジに合わせて荒っぽくて。
間奏の一部フレーズ(全部じゃないよね!?)も回文になってたり(笑)

続いては澤近さんが好きで堪らない曲「喝采」です。
とSATOさんがお辞儀したところで、鳴ったイントロは「Happy Birthday to You」。
そしてSATOさんが良さんに向かい♪ハ~ッピバ~スデ~トゥ~ユ~♪と歌い出す。
びくりとした良さん、「ここで!?」(笑)
出てきたショートケーキを高々と掲げ、見事に1本のローソクを吹き消しました。
一同拍手。
客席から「おめでとー!」の声も上がり。
澤「それ食べ終わったら次の曲に行こうと」
良「娘が来てるので、娘に上げていいですか?」
澤「よかろう(笑)」
ここで娘ちゃんに「ほら、目が釘づけ。ホラホラ」ってやってるお父さんも可愛かった。
下の娘ちゃんは、今日生まれて初めてのぎょう虫検査をやったらしいのですが、気に入ったらしくまさかのTAKE2を要求したと(笑)

改めまして「喝采」を始めたものの、良さんイントロギターをすっかり弾き忘れ、TAKE2を要求(笑)
TAKE2は「昭和っぽくない」と澤近さんからストップが入り(笑)
SATOさんも付けホクロを用意されてたけど、剥がせないので貼れなかった模様。
TAKE3で決まった「喝采」。
サビでは良さんはギターから鈴担当。
SATOさんの歌も熱くて素敵でした。

ゲスト様お二方は、出番が終わった後も話題に上がるたびにちょいちょい楽屋から顔を覗かせてくださる(笑)
SATOさんは普段某食品メーカーにてコーヒーを扱ってらっしゃって、「かなりコーヒーに詳しい」とイトシュンさん談(笑)
出たくてしゃべりたくて仕方ないらしい(笑)

良さんのハンドマイクも慣れてきた「たぶん、君が好き」。
澤近さんが歌詞かぶせて歌ってくるとこ一部なかった(´・ω・)
「たぶん、君が好き」は、もともと女性歌手用に書いてあった曲なので、ライブでは良さんが歌っているけれど、音源になる時はもしかしたら女性Ver.になってるかも知れないと。

打ち込みもゲストもない「New Wor(l)d」。
三連カッコ良い。
途中の♪Ah~♪ってとこが今回ユニゾってて。
良さんも澤近さんも高音のキリキリ具合が好きなのですが、今回適音?低いとこもイイなぁと思いました。

同様に二人の力だけの「昔の約束」。
打ち込みが入ってるのも世界観がカッチリしてて良いけど、二人だけのも好きだなぁ。
「誰も知らないヒット曲」とかおっしゃってたけど、やっぱ「昔の約束」カッコいい!
・・・未だ歌詞の真意が掴めませんが(汗)

歌い終わって「ありがとうございました!」とご挨拶して立ち上がったものの、鳴り止まない拍手に再び着席。
アンコールは何も考えてなかったそうですが、リハの時に遊びでやった曲を皆さんで。
これならお客さんも知ってるだろうという事で。
ゲスト様も再登場され、ステージ上で歌詞をスマホ検索する歌手三人衆。
そして何故か「俺は○○ー!」と歌詞サイトを張り合って報告し合うキンモク組(笑)
いいなぁ、悪ガキみたいだな(笑)
割り振りどうする?的な話になって、
良「俺はもうサングラスかけちゃったから」
あまり厳密には歌えないけど・・・と前置きして、
伊「でもSAY YESとYAH YAH YAHはみんなのものだから。ア、言っちゃった」
確信犯ではなさそうだ。天然?天然なのか?(笑)
澤近さんの弾き始めたイントロに、観客どころかステージ上のからも「ヒュー!」と声がアガる(笑)
1番はリョウ&イトシュン。
2番はシュン&サトコ。
ちゃんとサングラスも引き渡してました(笑)
澤近さんもオフマイクながら少し口ずさんでらした。
ラスサビはお客さんも加えての大合唱。
いつぞやもアンコールで「YAH YAH YAH」やった時あったけど、本当みんなのものですね。
みんなが盛り上がれる曲って凄い。

最後に、5月の良さん2マンライブの告知。
良「澤近さんも1・2曲だったら・・・と言ってるので来る、かも」
澤「じゃあ行くよ!」
おぅ!?あまりなかった展開!(*゚∀゚*)
良「みんな専門外の楽器で・・・僕はギターで歌うんですけど」
澤「エッ!?フツーじゃん!」←大層な驚きよう(笑)
良「イトシュンも来ていいよ!」
・・・反応なし。
澤「SAY YESやりたかっただけじゃん(笑)」
という事で、ありがとうございました!と終了!
頭から尻尾までアメージングな仕掛けでした(笑)


良さんアコギ1本っていうとハミングバード率が高い気がしたんですけど、この日はJ45。
イトシュンさんのジャズベは、元々ブリッジカバーとか付いてたタイプ。
澤近さんはARTICAさん常備のM-AUDIOキーボード。
SATOさんはこだわりのマイマイク持ち込み。

良さん少し高音出すのに不安があるのかなー?という印象があったのですが、昨年よりは随分声出てたので嬉しかった。
新曲「Rain and Dolly」もまた新しい切り口なのに、気付くとしっかり脳内ループしてるあたりがSasaticaクオリティ(笑)
歌詞もヒネリが利いてそうなので、ちゃんと文字で見てみたいな。

若干押したものの開場直後からもの凄い混みようで。
これまでSasaticaライブにあまり足を運ばれなかったキンモクファンの方が、大分いらっしゃったように感じました。
いつもより男性ファンのお姿が目立った!
多分キンモクからのファンでいらっしゃったのでしょうけど、SasaticaのCDも買って行ってくださって、興味持って頂けたのが嬉しい。
せっかくのご縁なので、再始動したイトシュンさんとも、今回一度きりと言わずまた一緒にライブやって頂きたい。
「今まではどちらかというとライブ好きではなくて」なんておっしゃってましたが、この日のイトシュンさんはその発言を疑うくらい喜びが溢れ出てて、観ているこっちも幸せでした。
SATOさんも、基本ユルめなSasatica曲&MCにアタック効かせてくださって、楽しかったです!
今度はばっちりホクロ姿も拝ませてください(笑)
というか、Sasaticaライブ自体、そう遠くないうちにあったらいいなぁ・・・(笑)
web拍手

comment:2 / trackback:0  / posted by nanami

thema:LIVE、イベント  - genre:音楽 - category:Sasaticaレポ

Comment
こちらこそありがとうございます!(≧∀≦)
>


どなたもコメントくださらないので、
レポやめようかと思いました(笑)
励みになります。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

ライブに行けないのは残念ですが、
せめて体調は崩されないよう
日々気をつけてください(>_<)

企画は次回もっと早く計画できるようにしたいです∠(`・ω・´)
2014/05/14 06:44:13 | URL | posted by nanami [edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/12 01:15:24 |  | posted by  [edit
Comment Posting








 
Calendar
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
Profile

nanami

Author:nanami
まったり、コツコツ。
ときどき、大胆。

ブロとも申請フォーム
Welcome
QRコード
QR