Home >  My Blog > 2009.04.24(金) EASTERN☆SUPERNOVA @青山月見ル君想フ

2009.04.24(金) EASTERN☆SUPERNOVA @青山月見ル君想フ
月球/co.suzukisei/Sasatica/トレモロイド (出演順)
OPEN 18:30/START 19:00

記念すべき第2回目のSasaticaライブ!(笑)
素人の独断と偏見で語っていますので、多少の語弊や勘違いは大目に見て頂けると有り難いです(汗)

【セットリスト】
1.25分
2.君に恋をして
〈MC〉
3.クレイドル(新曲)
〈MC〉
4.春風
5.僕の手
〈MC〉
6.結婚ソング1(仮)(新曲)

会場の入り口には可愛い三日月型のライトがかかっていて、そこの階段を下りて入場。
そのフロアは、ステージを見下ろせるコの字型の実質2階。さらに奥の階段を下りると、ステージ&1階席。壁際はベンチシートとキャンドルの置かれたテーブル、その前方にはスツールと同様の丸テーブル。各テーブルの間隔は空いているので、スタンディング鑑賞もOK。
ステージには後方に丸いスクリーン。パフォーマンス前はプロジェクターで綺麗な月が映し出され、さらにミラーボールの光も辺りに散っていてロマンティックでした☆
客席側は壁と天井にアジアンチックな赤い布がかけられていて、外装やステージとはまた違った雰囲気でした。

今回は下手に良さん、上手に澤近さんと並んだポジション。「ユニット」って感じですね。
しかしMOTIF ES8でかっ!!(笑)他のバンドの方々は多分61鍵くらい?のキーボードでらしたので。88鍵、どうやって搬入したのでしょう・・・?
お二人ともヘアスタイルはナチュラルで、スツールに腰掛けた良さんはグレー系のスーツとストライプのシャツにスニーカー。そして噂に名高い(?)お眼鏡装着!・・・ア、カッコイイ・・・★別段、眼鏡男子好きな訳ではないのですけれど(笑)
澤近さんはパープルのライダース系ジャケットとジーンズに、前回も愛用なさってた白ベルトの黒いエンジニアブーツ。言わずもがな、カッコイイ★

10分ほどでセッティングをして、予定の20:30ジャストか少し過ぎたくらい。
良さんから「こんばんは、Sasaticaです。」と挨拶。
オレンジとグリーンのライティングの中、弾き語りで始まる「25分」。
引き続き、照明はピンク色に変わり「君に恋をして」。

改めて「こんばんは、Sasaticaです。」と良さんが挨拶すると、「この名前恥ずかしい(笑)」と澤近さん。成り行きとはいえ、ひと文字違いのユニット名ですもんね(笑)
「Sasaticaは(年齢を)足して80を超えるんですけど、平均年齢は40・・・なんかですね。配分はご想像にお任せしますけど。(笑)そんな感じでやってまして。澤近さんも、いろんな・・・」と言いかけたところで良さんが、突発的に自分の話の腰を折って「キーボード、澤近泰輔!」とメンバー紹介(笑)そして澤近さんも「これ、オレも言い返さないといけないの?」と問いましたが・・・
良「そうですね。フツーはまぁ、そうです。」
ハイ、当然ですとも(笑)
澤「ギター・ボーカル・・・え、これ慣れないね(笑)」
良「お願いします。」
澤「ギター・ボーカル、佐々木良!」と声を張って紹介☆
平均40年超の人生の中で、初めてだったのでしょうか?見ている方も結構ドキドキでした。けどこれからは、毎回、あるでしょうから♪

元々、良さんがキンモクセイの時に澤近さんがサウンドプロデュースした事からご縁があって「そして、こんな事になってる」とのこと(笑)
「キンモクセイは去年休止して・・・」と話す良さんの腰骨を折って「あ、ウチの身近もね、休止した人いるよ」と入る澤近さん(笑)最初「急死」かと思ったんですけど、これきっとチャゲアスの事ですよね。
良「キンモクセイが休止したとたんに、僕がフリーになった!と思って澤近さんがゲットした訳ですね、僕を。」
澤「まぁね、いち早く。老後に備えて(笑)」
曲も澤近さんちで、ああでもないこうでもないと二人で煮詰めて。昨日も今日の為の新曲をギリギリまでかけて作って、それは一番最後にやるとの事でした。

どんな事を二人でやっていこうかと考えた時に、ひとつ思い付いた事が「よく歌のテーマにありがちなものを、僕たちもやる」と。でも「(ありがちな歌の中に)ちょっと僕らなりのところもありつつ・・・今日もやるんですけど“引っ越しの歌”だとか、“結婚の歌”とか」と語る良さんに、澤近さん「冠婚葬祭全部やるんだ(笑)」
良「そうですね。・・・“葬”もやります?」
澤「“葬”むずかしいね(笑)」
“卒業”、“進級”そして“入社”、“退社”←「あんま歌になんないですけど」(良さん談)、“クリスマス”、さらに澤近さんが“立春”、“啓蟄(けいちつ)”とまで挙げると、「難しいですね」と良さん(笑)話を広げるだけ広げたところで澤近さんが「あ、時間足んなくなっちゃうね」と気付いて、またうやむやにMCはまとめられ(笑)

ピンクの照明の中、良さんの爪弾くギターにエレピが乗った、やわらかいイントロ。ふたりで暮らした部屋を出て行く、いま良さんが語った“引っ越しの歌”。2番からは引っ越した後の一人暮らしの様子が歌われるんですが、サビからギターもピアノも少し激しめになって。最初は離れた寂しさが前面に出ていたんだけど、曲調が変わる事でまだ彼女に残る想いや、またふたりに戻れるはずっていう直向きさをドラマティックに感じました。

歌い終わってすぐに良さんはタイトルを発表してくれたんですけど、まだ拍手が止んでなかったので、客席には聞き取れなかったかもと思った澤近さんが「もう一回タイトル言って?」と訊いて、再度「“クレイドル”です。」と紹介。「どういう意味?」(澤近さん、かゆい所に手が届くっ!)との問いに、良さんは「これはもうちょっと、我々が浸透してから明かしたいなと。」と、恥ずかしげにチューニングし始めました(笑)

そしてお互い目配せでタイミングを合わせて。照明はピンク色のまま、ギターコードにピアニカが乗ったイントロの「春風」。ラストの歌詞「もしも小さな蛍になれば、君の指に止まらせて、命を燃やして輝きながら、君の幸せ願おう」な感じでした。・・・うぅっ、良さん天才!(泣)
続いてオレンジとグリーンのライティングに変わった「僕の手」は、今回♪ウ~♪ってスキャットの1番とラスト(たぶん)は上ハモで。Sasatica、進化してます☆

「Sasaticaの情報は一応・・・」と良さんが話し始めたので、未発表の新情報が聞けるのかと耳をそばだてていたら「今日は何にも用意してきてないんですけれど」と続いて、文字通りコケました(笑)
「“佐々木良”で検索して頂けると、僕のブログかAVの監督が出てくると思いますので、AVの監督じゃないほうの!ホームページをぜひ見て頂きたいなと思います。」
エッ!?そうなの!?(笑)澤近さんも「初めて聞いた」って言ってました(笑)これ、つい“僕じゃないほうの佐々木良”も調べちゃいますよね(笑)
そこでぽつり「自分の名前調べてんだ、っていうのがここで分かりましたけどね。」と良さん。表立って活動なさってる方は、何が書かれてるか気になるでしょうね・・・。

「今日は次の曲で最後なんですが、この曲を演りに来たと言っても過言ではない、昨日出来立てホヤホヤの曲です。」と良さんに言われ、ラストと聞いて惜しむ思いと、新曲を早く聴きたい思いとで複雑でした(悶)
良「シチュエーションを言っておいたほうが入りやすいですかね?」
澤「・・・どうかな?なんか謝ってるよ、最初。」
良「そうですね。あの・・・「娘さんをください」的な。」
澤「懐かしいね~。緊張するんだよね。」
良「・・・あ、経験者?」
澤「(笑)忘れちゃったけどね。」
っていうので「娘さんをください」って言う側の歌かと思っていたら、貰われる側の歌でした。・・・ごめんね良さん、せっかく語ってくれたのにスムーズに入れなかった(笑)

自分でコードを拾ってから、ピンクの照明の中イントロなしで歌い始めた新曲。なぜ娘さんが謝っているのかというと、彼が「悪い人じゃないけれど、真面目過ぎるから不器用」なことを、お父さんに詫びてらっしゃる。無愛想だったのかしら?でも2番から歌われるお父さまも・・・真面目でいい人なのです。
さすがスタジオリハ40分前までぐっつりコトコト煮詰めた甲斐あって、5分以上の大作だったんじゃないでしょうか!?・・・努力と長さとは必ずしも比例しないですけど。でも、気持ちを入れて歌えているからなのか、凄く良さんが・・・言っていいのかな(汗)・・・可愛く見えちゃいました。冠婚葬祭、人生の節目の歌らしく澤近さんのピアノも大上段って感じで。しかし出来たてホヤホヤと言っても、1番と2番とで全く同じフレーズを奏でたりはしません☆この小技がまた・・・なおさら胸をいっぱいにさせます♪コーラスはなかったけど良さんも本当、気持ち良さそうに歌ってたな。

「どうもありがとうございました!Sasaticaでした」と挨拶して、30分強(たぶん)のステージは終了♪
二人のポジションが横に並んでいたので、曲の出だしやシメのアイコンタクトとか、トーク中向き合ったりしているのがよく見られました☆
会場の音響の違いなのか歌詞も結構聴き取れて、キーボードのボリュームもほどよかった♪でも・・・アコギにアコピの組み合わせが好きなんですが・・・難しい注文ですね(笑)


他の出演バンドさんの感想も少し♪(敬称略)ジャンルに関してはカテゴライズではなく、あくまで一面としてご紹介させて頂いています。
多分ライブそのものは、定刻から5分は遅れて始まったかな?(だいたい私の時計が早めなので正確でない(汗))

1番手に登場した「月球」。Vo.&Gt.植田慶介、Ds.神谷洵平、Ba.鈴木マナブの3名に、今回はゲストとしてKey.ゴメスが3曲目から登場。ソウル・ジャズ系の大人~な感じで、O.Lさんなら無条件にトキメいてしまいそうなサウンド♪ファルセットの美しいVo.の植田さんが牛乳パックを作る会社に勤めてらっしゃるそうで、平日のライブは久しぶりだそうです。

続いて「co.suzukisei」。Key.鈴木整、Dr.&Program飛内、Ba.立崎、Vo.HIROKOの4ピースバンド。ユーロビート・今流行りのテクノっぽく・・・正直、こういうのはあまり得意ではないのですが・・・ライブだからなのか、co.suzukiseiが凄いのか、抵抗なく楽しかったです♪今回のライブで紅一点★Vo.HIROKOちゃんが細くて髪サラサラで可愛い!そしてリーダー鈴木さんのパフォーマンスがステキでした(笑)

そしてトリの「トレモロイド」。Vo.&Gt.小林陽介、Key.&Sampler小林郁太、Ba.高垣空斗、Dr.村上寛の4ピース。ヒーリング系ポップスといいますか・・・ユルくて親しみやすいんだけど、作り込んであって。ギャラリーからのピュ―率(笑)も高く熱かった事もあるのか、魅せ方も上手くて、バンドとしてやりたい方向が決まってる感じでした♪


はてさて、今回は良さん「澤近さんが僕をゲットした」とか、結構言えるようになりましたね~☆いい新曲が出来たことで、Sasaticaの活動へ自信が持てたのかな?
今後の活動を話すところでもそうでしたけど、良さんは溜めて話すからその間に色んな事を想像しちゃって・・・見てるだけで面白い♪ツッコミ心をくすぐられます(笑)
あと改めて「“佐々木良”検索」やってみましたが、大半この良さんが出てきますよね。あと“佐々木良○”さんとか。ああおっしゃるから、佐々木監督もすぐ見つけられるんだと思ってたけど・・・今まで気付かなかったもんな。
ついでに私も、いま自分の名前で調べてみたら・・・デリヘル嬢が出てきました(笑)
澤近さんは、この澤近さんばっかり出てくるんですよね。この人、本当に凄いんだ・・・(いまさら(苦笑))「緊張するんだよね」と言いながらサラッと「忘れちゃったけどね」とかわしちゃうあたり、やっぱりただ者じゃありません☆(笑)
そんな対照的な二人が織り上げる共通項ソング♪音源化も切望です!!10枚は買っちゃうよ~!(ホントに?)
web拍手

comment:0 / trackback:0  / posted by nanami

thema:LIVE、イベント  - genre:音楽 - category:Sasaticaレポ

Comment
Comment Posting








 
Calendar
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
Profile

nanami

Author:nanami
まったり、コツコツ。
ときどき、大胆。

ブロとも申請フォーム
Welcome
QRコード
QR